三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 28日

死去活来

今天第四节是研究生博士后期的课。教材上出现了这么一个句子。(《语义功能语法与汉语研究》王振来著,北京师范大学出版社,2011年,88页)

我们小兄弟还能被法国姑娘看上,爱得死去活来。

“死去活来”据现代汉语词典的解释,表示“死过去又醒过来,形容极度悲哀或疼痛”。
不过,“爱”这个心理活动动词怎么能表示极度的悲哀或疼痛呢?这个句子对我来说是个莫名其妙的句子。
[PR]

by sanzhai | 2014-01-28 20:37 | 中国語の疑問や気づき | Comments(6)
2014年 01月 23日

読書メモ

漢字の運命、倉石武四郎著、岩波書店、1952年

e0145687_1025466.jpg
中国語教育法の授業で、ピンインについて「そもそもなんでピンインは作られたのでしょうか。当初の目的は何だったのでしょうか」という質問が出たので、以前読んだ本を再読しました。
発行年を見てください。研究室にあったのも、むかし古本屋で買った、古本です。
この本は版を重ねていき、最後は「改版のあとがき」が1966年に書かれています。「簡化字総表」が発表され(1964年)、簡体字も軌道に乗り始めた時期でしょう。
漢字はいずれアルファベットのような表音文字に取って代わられる、いや、取って代わられなければならないという論調の本ですが、コンピュータやインターネットで漢字も扱えるようになった現代の状況を著者が見たら、どう思ったでしょうか。
いずれにせよ、中国の文字改革について調べるときは必読の本でしょうが、なにしろ絶版ですね。
[PR]

by sanzhai | 2014-01-23 10:12 | 読書メモ | Comments(1)
2014年 01月 21日

語気詞“的”

今日の院博士前期の授業で、長らく輪読していた馬真2004『現代漢語虚詞研究方法論』を読み終わりました。

最後の最後で、語気詞の“的”の例文として、次の例文と、それについての説明が出ています。(325ページ)
―――――
等我写完了的(de)。

这里的“的(de)”是什么词?跟助词“的”显然不是一码事。如果是语气词,这是一个什么语气词?
―――――
この“的”がどういう語気詞かと考える前に、この例文の意味がわかりません。今日授業に来ていた中国人留学生の方たちに聞いたのですが、やはり彼らもこの例文の意味がわからないということでした。謎ですね。
[PR]

by sanzhai | 2014-01-21 19:30 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2014年 01月 16日

「男の~」「女の~」

今週火曜日にあった院博士前期の授業で読んだ箇所の話題です。(馬真2004『現代漢語虚詞研究方法論』320ページ)

(15)
a.男/女同学 , 男/女孩子
b.*男/女的同学, *男/女的孩子

(16)
a.男/女售货员, 男/女司机
b.男/女的售货员, 男/女的司机

(17)
a.*男/女工人, *男/女居民
b.男/女的工人, 男/女的居民

(15)は“的”を入れられない、(16)は“的”があってもなくてもよい、(17)は“的”が必要、という違いがあるようです。
確かに、例えば“ *男居民”は言えなくて、代わりに“ 男性居民”と言うであろうという、留学生の皆さんの意見でした。
う~ん、ここにどのような規則があるのか、この本にも書いてないし、わからないですねえ。
[PR]

by sanzhai | 2014-01-16 22:35 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2014年 01月 07日

読書メモ

现代汉语形名组合研究,赵春利 著,暨南大学出版社,2012年

e0145687_23541743.jpg
かなりの厚さの本ですが、わかりにくい箇所はあまりこだわらずにどんどん読み進め、年末年始の休みだったこともあり、読みました。
形容詞が名詞の連体修飾語になる場合、その組み合わせについて、それぞれの語の意味論的な組み合わせを丹念に考察し、コーパスで調査したもの。連体修飾構造は、特に同じ組み合わせが日本語でも成立する場合、当然の組み合わせとして特に深く考えなかったりしますが、本書はそれを大量の実例についてどのような意味関係になっているかをとことん追求した研究です。連体修飾について、特に意味関係について研究する場合は、本当はここまで細かく見る必要があるのだと思います。
いくつかの個別の分析で、今後の研究テーマのヒントになりうる分析もありました。収穫の比較的大きな本でした。
[PR]

by sanzhai | 2014-01-07 00:02 | 読書メモ | Comments(0)
2014年 01月 03日

『中国語の基礎 発音と文法』

宣伝が遅くなりましたが、昨年末に共著で新刊参考書を出しました。
基礎固めに、また中国語を教えられる際の教材や推薦図書として、よろしくお願いします!

NHK出版CDブック中国語の基礎発音と文法
三宅登之・李軼倫 著
価格 2,415円 (本体2,300円)

e0145687_0132832.jpg

[PR]

by sanzhai | 2014-01-03 00:15 | 日々の気づき | Comments(0)