三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

“又”と“再”

今日の博士前期課程の授業で読んだ马真2004『现代汉语虚词研究方法论』の247ページ。
まず以下の例が出ています。

(40)明天去姑姑家,你别又喝醉了。
(41)钥匙一定要保管好,别又丢了。
(42)明天你们去看足球赛,千万不要又惹事生非。
(43)你可别吃了螃蟹又吃柿子,否则会闹病的。

これらの“又”は“再”も使えるとしています。

(40')明天去姑姑家,你别再喝醉了。
(41')钥匙一定要保管好,别再丢了。
(42')明天你们去看足球赛,千万不要再惹事生非。
(43')你可别吃了螃蟹再吃柿子,否则会闹病的。

この“又”の例と“再”の例は、ニュアンスは同じと考えてもいいのでしょうか。それとも微妙に違うのでしょうか。テキストには何も書いていないのですが。
[PR]

by sanzhai | 2013-04-30 19:25 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2013年 04月 23日

“生活照”

今日の大学院博士前期で読んだ『现代汉语虚词研究方法论』の中で、次の例文がありました。

那天我要是拍了护照相,再拍一张生活照就好了。

ここは副詞“再”“又”“还”を分析しているところなのですが、今それはいいとして、この例文で私が気になったのは・・・

“生活照”って、いったいどんな種類の写真だ?(笑)

中国人留学生の皆さんの意見を総合すると、どうやら証明写真のようなきちんとした格好で撮影する写真以外の、普段の感じをとる写真?日本語の「スナップ写真」という感じでしょうか?

でも聞くと、写真館に行って“生活照”を撮影することもあるとか。スナップ写真は写真館に行っては撮らないでしょうね。

また、“艺术照”という種類の写真もあって、それは芸術性を高めた撮り方をするものだとか。

どうも写真のカテゴリーが、日本語と中国語で異なりますね。
とりあえず、“生活照”って、日本語でどう訳せばいいんでしょうか。「スナップ写真」?「普通の写真」?「普段の姿の写真」?
[PR]

by sanzhai | 2013-04-23 17:58 | 中国語の疑問や気づき | Comments(0)
2013年 04月 18日

読書メモ

『彼岸からの言葉』、宮沢章夫、新潮文庫、2013年

e0145687_14542672.jpg
宮沢章夫のエッセイは大好きなので、文庫本で新刊が出ると、必ず買って読みます。
ネットを見るとこれが著者の最高傑作、一番面白い、という趣旨のコメントがありますが、私は他の作品にもっと面白いのがあると思います。
[PR]

by sanzhai | 2013-04-18 14:58 | 読書メモ | Comments(0)
2013年 04月 18日

動詞“背”

今年度も博士前期課程の授業では马真2004『现代汉语虚词研究方法论』(商务印书馆)を読み進めています。あと少しなので。今年度には読み終わるかもしれません。

さて、今週火曜日の授業で出た例文です。

妈,那篇课文我刚才又背了一遍。
(同書237ページ)

中国語の動詞“背”は、「覚える段階」と、「覚えた結果を諳んじる段階」の両方を含んでいます。
(この点は拙著に詳しく書きましたのでご参照下さい。『中級中国語 読みとく文法』三宅登之、白水社、2012年、72~73ページ)
そこが日本語の動詞「暗唱する」とずれています。上記のこの例文、この“背了一遍”はいったい、自分の頭の中で一通り「う~ん」とチェックして覚えようとする行為をした(言葉でうまく説明できませんが)のか、それとも覚えた結果を一通り声に出してみて暗唱のチェックをしたのか、どちらなのか、今年度の授業にも何人か来ている中国人留学生の方々に聞いてみましたが、意見が分かれました。「暗唱した」のだという意見の人と、上記の2つの両方とも可能性がある(文脈・場面による)という意見の両方がありました。
[PR]

by sanzhai | 2013-04-18 11:30 | 中国語の疑問や気づき | Comments(1)
2013年 04月 02日

“诚实”の発音

Facebookに書くようになって以来、ずいぶんブログは書かなくなりました。

もうやめようかなとも思ったこともあったのですが、年度も替わりましたのでこれをきっかけに、中国語に関する気づきは、この場にまとめて記録を書いておく意味はあると思うので、気づきがあるたびに、少しずつでいいので書き留めていきたいと思います。

今回気になったのは、“诚实”という語の発音です。『現代漢語詞典第6版』で、この“实”のほうなのですが、

chéng · shí

と、shiに黒丸がついて第2声の声調符号がついています。
この黒丸+声調符号は、凡例では基本的には軽声で、時には本来の声調もOKという意味なので、この“诚实”の“实”は、基本的には軽声で読まれることになります。

しかし、今まで3名の中国人に聞いてみたのですが、皆さん“实”が軽声で読まれる“诚实”なんて聞いたことがない、必ず第2声で発音するという反応です。

ここまでネイティブの反応と異なっていると、『現代漢語詞典』の発音の基準って、いったい何なんだろうと思ってしまいます。
[PR]

by sanzhai | 2013-04-02 15:06 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)