三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 28日

Luncheon Linguisticsのお知らせ

日本中国語学会と、先日の全国大会の紹介をします。ふるってご参加ください。

Luncheon Linguistics
「日本中国語学会について―学会活動の紹介と、第62回全国大会の報告―」
三宅登之
2012年12月5日(水)12:00~12:40
415室

http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ilr/images/20121205luncheon.pdf
[PR]

by sanzhai | 2012-11-28 08:17 | 日々の気づき | Comments(0)
2012年 11月 22日

読書メモ

考えない人、宮沢章夫 著、新潮文庫、2012年

e0145687_2347567.jpg
私は宮沢章夫氏のエッセイのファンで、文庫本になったら(^^;)ほぼ全て買って読んでいます。
今回もとても面白かったです。
[PR]

by sanzhai | 2012-11-22 23:51 | 読書メモ | Comments(0)
2012年 11月 20日

駅名の英文表記

今朝のJR武蔵境駅です。
JR武蔵境駅の英文表記ですが、まず次のような表記がありました。
e0145687_950874.jpg

「Musashisakai-eki」ですね。
数メートル歩きました。ふと上を見上げると…
e0145687_9511136.jpg

こんどは「Musashi-Sakai Station」です。

同じJR東日本の、同じ駅の数メートル離れた位置の掲示が、片方が「Musashi」と「sakai」を分けずに続けていて、もう一方は「Musashi」と「Sakai」を分けてハイフンで結び、「Sakai」のSは大文字です。
また、「駅」が、片方はローマ字で「eki」、もう一方は英語で「Station」。

JR東日本の中で、何か英文表記の統一した基準はないのでしょうか。
[PR]

by sanzhai | 2012-11-20 09:57 | 日本語や英語について | Comments(0)
2012年 11月 19日

『花咲く中国語』

このたび、共著の『花咲く中国語』が出版されました。
中国語教育関係者の方々、中国語学習者の方々、よろしくお願いいたします。m(__)m
e0145687_059765.jpg

[PR]

by sanzhai | 2012-11-19 01:00 | 日々の気づき | Comments(0)
2012年 11月 14日

中国語教育学会関東地区研究会のお知らせ(再掲)

中国語教育学会関東地区研究会が今週末に開催されます。会員外の方でもどなたでも無料で参加できます。ふるってご参加ください。11月17日(土)14:00より、場所は明治大学和泉キャンパスメディア棟M503教室です。
e0145687_19411689.jpg

[PR]

by sanzhai | 2012-11-14 19:41 | 日々の気づき | Comments(0)
2012年 11月 13日

“根”と“条”

今日の大学院博士後期の授業で読んだ邵敬敏1993「量词的语义分析及其与名词的双向选择」(马庆株编2005『二十世纪现代汉语语法论文精选』商务印书馆)の中に出ていた記述です。(同書103ページより引用。)

“根”与“条”都是长条形,都适用于“黄瓜”“树枝”“带子”,但由于“根”的语义偏重于“直而硬”,而“条”的语义偏重于“曲而软”,因此,“一根黄瓜~一条黄瓜”“一根带子~一条带子”“一根树枝~一条树枝”给人的感觉是不一样的,这就是量词语义在起作用了。

う~ん、例えば“一根黄瓜”と“一条黄瓜”が、“给人的感觉是不一样的”だって言われても、外国人の私にはまったくわかりませんねえ。キュウリは普通、硬いと思いますが。ふにゃふにゃに柔らかく曲がるキュウリって、想像できないなあ。
[PR]

by sanzhai | 2012-11-13 22:29 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2012年 11月 11日

読書メモ

心に訊く音楽、心に効く音楽 私的名曲ガイドブック、高橋幸宏、PHP新書、2012年

e0145687_17171368.jpg
YMO信者の私としては、幸宏の本が出たということで、読まずにはいられませんでした。本の中では多くのアルバムを紹介してあって、全部聞いてみたい感じです。時間とお金がありませんが…。
[PR]

by sanzhai | 2012-11-11 17:18 | 読書メモ | Comments(0)
2012年 11月 06日

“根”と“支”

今日の大学院の授業で量詞のことが話題になりました。
細長い物を数える、日本語の「本」に対応する量詞として、“条”と“根”と“支”があると思いますが、ここでは“根”と“支”について。

タバコ“香烟”は、中国で発行された量詞の辞典によると、

一根香烟
一支香烟

の両方とも言えるようですが、使い方がどう違うのか。

ペンは“一支笔”で、ペンの中にある替え芯(リフィル)は“一根笔芯”だと今日うかがったので、より細いものが“根”なのかとも思うのですが、上記のタバコの場合、そんなに太さに差があるとも思えません。
[PR]

by sanzhai | 2012-11-06 19:24 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)
2012年 11月 03日

“吹风”と“刮风”

先週の大学院の授業で話題になったのですが、“吹风”と“刮风”のちがいがよくわかりません。
中国人留学生たちに聞くと、“吹风”はそよ風が肌に触れる感じ、一方“刮风”は風が強い感じらしいのですが、次の例はどうでしょう。『汉语动词用法词典』の“吹”の例文です。主語が“大风”“狂风”になっています。

大风把棚顶上的油毡吹下去了。

これは、

大风把棚顶上的油毡刮下去了。

とも言えるそうです。また、

狂风把帐篷顶都吹起来了。



狂风把帐篷顶都刮起来了。

とも言えるらしいのですが、微妙な意味のちがいがあるのかどうかが、外国人にはよくわかりません。
[PR]

by sanzhai | 2012-11-03 00:46 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)