三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 28日

飛鳥

院博士後期で読んでいる論文の中で“飞鸟”という例が出てきました。“鸟飞”は主述構造で、“飞鸟”は修飾構造だという話です。

ネイティブの方に確認してみると、この“飞鸟”とは、「飛ぶことができる鳥」という意味だそうです。鳥類は大部分が飛べますが、ペンギンとかダチョウは飛びませんね。そういう飛ばない鳥ではなく、飛ぶことができる鳥であると。

一方、日本語で「飛ぶ鳥を落とす勢い」という言い方がありますが、この「飛ぶ鳥」は「飛ぶことができる鳥」という意味ではなく、「いままさに飛んでいる鳥」という意味だと私は思うのですが。いま飛んでいるからこそ落とされるわけで、いま飛んでいなかったら落とせませんから。

う~ん、ちょっとどうでもいい話題でしたでしょうかね(笑)。
[PR]

by sanzhai | 2012-04-28 00:34 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2012年 04月 24日

この“怪”はどういう意味?

火曜日2限の大学院博士前期課程の授業、昨年度読んだ教科書がまだ半分残っているので、今年度はその続きを読むことにしました。
『现代汉语虚词研究方法论』马真,商务印书馆,2004年です。
今日は程度副詞のところを読んだのですが、程度副詞“怪”の次のような用法について

(39)这么多人,怪难为情的。
(40)怪说不出口的,你叫我怎么说啊?
(41)当时,她说得我心里怪难受的。

有时,表示一种说不出的没法形容的心理感受(143ページ)

と説明しているのですが、説明になっていないような気がするのですが。“一种说不出的没法形容的心理感受”って言われても、語感のない私のような外国人にはよくわからない(笑)。
[PR]

by sanzhai | 2012-04-24 23:22 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2012年 04月 04日

六亲不认

ツイッターやフェイスブックを始めてから、ブログに書くことが減ってしまいましたね。

『汉语口语习惯用语365』(北京语言大学出版社,2009年)という学習書に“六亲不认”という言い方が出ていて、その意味の説明が、

比喻只顾自己,不给亲戚朋友留情面。

と書いてあります。これだけ見ますと、“只顾自己”なんてありますから、悪い意味かなと思います。
ところが日本の辞書を見ると、

情実に左右されず、公平無私である。(小学館『中日辞典第2版』)

とあります。日本語の「公平無私」は、むしろ良い意味ですね。
いったいどちらがより意味を忠実に表しているのでしょうか。どちらの意味も含みうるのかな。
ちなみに上掲書に出ていた用例は以下の通りです。

妻子:明天在大剧院有文艺表演,你能不能找你的朋友小张要两张免费票,我们两个也去看看?
丈夫:我看可能性不太大,小张是个六亲不认的人。
[PR]

by sanzhai | 2012-04-04 01:48 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)