三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

『外国語と日本語との対照言語学的研究』第6回研究会

以下の日時・場所で研究会が開催されます。多数の皆さまの参加をお待ちしております。

東京外国語大学国際日本研究センター
『外国語と日本語との対照言語学的研究』第6回研究会
日時:2012年3月3日(土)12:00~14:45
会場:東京外国語大学 研究講義棟4階419号室
<一般公開 参加費無料>
http://www.tufs.ac.jp/common/icjs/jp/index.html
http://www.tufs.ac.jp/common/icjs/doc/12022900.pdf
[PR]

by sanzhai | 2012-02-29 10:58 | 日々の気づき | Comments(0)
2012年 02月 17日

中級中国語 読みとく文法

新刊書を出しました。どうぞよろしくお願いいたします。
中国語の復習に!
周りに中国語学習者がいらっしゃったら、お奨めを!

中級中国語 読みとく文法
三宅登之
白水社

http://goo.gl/nldF8
[PR]

by sanzhai | 2012-02-17 09:20 | 日々の気づき | Comments(1)
2012年 02月 16日

今年度授業終了

昨日、今年度最後の授業を行いました。
(授業後は夜遅くまで会議5つ。)

2年間主専攻語で文法を教えてきた2年生の最後の授業で、3・4年生になると3つのコースに分かれて様々なゼミに入りますので、中国語専攻のクラスとしても最後の授業でした。

授業終了後、学生たちから感謝の気持ちを伝えられ、感無量でした。授業の準備や質問への解説などで、教師も逆によい学生に育てられるのだということを実感します。今後も中国語の勉強を続けて頑張ってほしいと思います。

さて、これからいよいよ入試・進級判定・卒業判定・修士論文審査・博士後期院生業績審査・来年度教材の準備、そして何より本学は新学部の怒涛の準備と…書いていていやになりましたが、1年で最も忙しい時期を迎えます(すでに突入しています)。なんとかガッツで乗り切ろう!
[PR]

by sanzhai | 2012-02-16 11:35 | 日々の気づき | Comments(2)
2012年 02月 14日

国際シンポジウム「国際日本学の構築に向けて」

以下の日程で国際シンポジウムが開催されます。多数の方のご来場をお待ちしています。

東京外国語大学国際日本研究センター主催
国際シンポジウム「国際日本学の構築に向けて」

日時:2012年3月23日(金)、24日(土)10:00~17:00

場所:東京外国語大学 アゴラグローバル1F プロメテウスホール

http://www.tufs.ac.jp/event/post_246.html
[PR]

by sanzhai | 2012-02-14 00:16 | 日々の気づき | Comments(0)
2012年 02月 08日

“大夫”と“医生”

“大夫”と“医生”、類義語と言っていいと思います。
『现代汉语词典第五版』で“大夫”を引くと、口語というマークがあって、語釈は“医生”となっています。
『汉语图解词典(日语版)』(商务印书馆,2009年)を見ても、語としては両方とも掲載されています。
“大夫”は170ページに出ています。
e0145687_18165452.jpg

“医生”は97ページに出ています。(この会計係さんは、今時そろばんで計算しているのか?(笑))
e0145687_18174111.jpg

このように、2009年発行の図解辞典で両方とも掲載されていますが、昨日の大学院の授業前の雑談で、“大夫”と“医生”には何かニュアンスや用法で違いはあるのかと、中国語ネイティブ(全員若い世代です)に聞いてみたところ、

「医者のことは必ず“医生”と言う。“大夫”という語は年配の人が使っていると思う、自分では絶対に使わない。もし自分たちくらいの若い世代が“大夫”を使ったら、冗談かと思われて笑われると思う。」

と答えていました。
“大夫”って語はそうなんですか?どちらでも全く同じように使っていいのかと思っていたけど。
[PR]

by sanzhai | 2012-02-08 18:29 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)
2012年 02月 08日

“端”

日付替わって昨日の大学院の授業で話題になったこと。
以下の本で中国語は「持つ」動作を多くの動詞で細かく分けているということが紹介されています。
e0145687_118377.jpg

(今井むつみ2010『ことばと思考』岩波新書、44ページ)

これを見ていたら、この図の中の“端”という動作が、両手でお碗の上からはさんで持つような感じになっていますが、これはおかしいのではないかというネイティブの方がおられました。“端”は、下から支えるように持つとのことでした。
[PR]

by sanzhai | 2012-02-08 01:45 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)
2012年 02月 03日

中国語学・中国文学卒論合同発表会

本務校の卒論合同発表会を開催いたします。
2月17日(金)午後1時から
東京外国語大学研究講義棟104教室
多くの皆さまのご来場をお待ちしております。
e0145687_1631275.jpg

[PR]

by sanzhai | 2012-02-03 16:04 | 日々の気づき | Comments(0)