三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 30日

HOSONOVA

HOSONOVA(細野晴臣)
e0145687_22171197.jpg

最近のお気に入りでよく聴いているのですが、今日子供と一緒にレコード大賞を見始めたら、オープニングで細野晴臣が出てきてびっくり。このアルバムの中の「スマイル」という曲のライブを聴くことができました!
このアルバムが優秀アルバム賞を受賞したんだそうです。


[PR]

by sanzhai | 2011-12-30 22:22 | 音楽CDメモ | Comments(0)
2011年 12月 22日

“掏出去”

《汉语常用动词搭配词典》(王砚农等编著,外语教学与研究出版社,1984年)上动词“掏”的例句里有这样的句子。(410页)

兜里的东西都掏出去了。

我一共问了八位汉语母语者,他们都说这个句子不能说。
问题在于“掏出去”这个动词和趋向补语的搭配上。如果把“出去”换成“出来”,说

兜里的东西都掏出来了。

的话,这个句子就根本没问题了。这是我问过的汉语母语者的意见。

是有中国人认为词典上这个例子没有问题呢,还是这个例子本来就印错了呢?
[PR]

by sanzhai | 2011-12-22 14:32 | 中国語の疑問や気づき | Comments(1)
2011年 12月 19日

読書メモ

北京语言大学对外汉语教学名师访谈录 赵淑华卷
赵淑华 口述 田靓采 编,北京语言大学出版社,2011年
e0145687_005017.jpg

タイトル通りの本で、前半が赵淑华先生へのインタビュー、後半が赵淑华先生の論文選です。
論文選はすでにいろいろな雑誌に発表された論文を集めたものですから、まあいいとして、前半のインタビューが面白い。インタビューも、前半がこれまで対外漢語教学に携わってきた半生がどのようなものであったかについての話で、後半が中国語の個別の文法テーマについて、それをどのように教えればよいかという内容です。
『实用现代汉语语法』は刘月华の主編のような感じで、皆さん引用するとき「劉月華他」なんて書いたりしますが、最初は赵淑华先生が責任者で編集が始まり、途中から赵淑华先生は教科書の編集の方に重点を移していったという経緯などがわかり非常に面白いですね。また、『实用现代汉语语法』の3名の著者のうちの3人目の「故huá」(huaという字が難しくて出ない)とは、赵淑华先生のペンネームだとは、初めて知りました。
[PR]

by sanzhai | 2011-12-19 00:16 | 読書メモ | Comments(1)
2011年 12月 15日

外国語と日本語の対照言語学研究会のお知らせ

以下の日時で研究会が開催されます。多数の方のご来場をお待ちしております。

国際日本研究センター 対照日本語部門主催
『外国語と日本語との対照言語学的研究』
第5回研究会

日 時:2011年12月17日(土)13:50~17:00
会 場:東京外国語大学 研究講義棟4階 419号室(語学研究所 会議室)
<一般公開 参加費無料>
http://www.tufs.ac.jp/common/icjs/jp/
http://www.tufs.ac.jp/common/icjs/doc/11121300.pdf
[PR]

by sanzhai | 2011-12-15 12:45 | Comments(0)
2011年 12月 13日

“都”と“全”

今日の大学院博士前期で読んだ『现代汉语虚词研究方法论』(马真)の106~107ページ。条件を総括する“都”は“全”に言い換えることができないとしています。

(1)无论夏天、冬天,我都坚持锻炼。
(2)*无论夏天、冬天,我全坚持锻炼。

(3)无论刮风还是下雨,他都来。
(4)*无论刮风还是下雨,他全来。

(2)(4)は言えないと。
ところが『现代汉语八百词』の“全”の項目(457ページ)には次のような例文がでています。こっちはなんで言えるのでしょう。

(5)不论诗歌还是小说,我全爱读。
(6)无论干什么工作,他全很认真。
(7)不管大人孩子全喜欢跟他在一起。

ただし今日のネイティブの方の中には、(6)は不自然だという意見もありました。
[PR]

by sanzhai | 2011-12-13 19:17 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2011年 12月 02日

ソファ

英語の“sofa”と中国語の“沙发”が対応しないことは、だいぶ以前に旧ブログか何かに書いたとおりで、英語の“sofa”は長椅子のほうだけで、1人がけのほうは“armchair”と言う(らしい)のですが、中国語では両方とも“沙发”です。
日本語は微妙で、「ソファ」というと、普通はやはり長椅子のほうが想起され、1人用は「1人がけソファ」のように言うと思います。

さて、先日中国人留学生と話していて知ったこと。日本語でソファというと、必ずクッション性があるふわふわのやつという感じですが、中国語の“沙发”は硬い材質のものでもいいそうです。
試しに“木头沙发”と百度で画像検索すると、たくさん出てきます。
e0145687_155433.jpg
e0145687_1564081.jpg

これら、“木头沙发”の画像として出ているのですが、日本語ではこのような硬い材質のものは「ソファ」とは言わないですね。強いていえば「長椅子」としか言えないのではないでしょうか。
[PR]

by sanzhai | 2011-12-02 15:10 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)