三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 27日

読書メモ

その言い方が人を怒らせる――ことばの危機管理術、加藤重広 著、ちくま新書、2009年

ちくま新書の最新刊。この書名を見ただけでは、私個人はたぶん買わなかったと思うのですが、著者の名前を見て買いました。加藤重広先生は、日本認知言語学会第9会全国大会(2008年)のシンポジウムで、「語用論から認知言語学を見る」というタイトルのお話しをされた方で、覚えていました。著者紹介を見ますと、私と同年代の先生ですね。

読んでいて最初のうちは「言葉遣い入門」みたいな印象で、正直「?」という感じだったのですが、読めば読むほどどんどんに引き込まれました。日本語の普段の何気ない様々な言い方、それがその場でどのような効果を出すか、そしてそれはなぜかという分析は、語用論が専門ではない私にとっては大変新鮮でした。
「お疲れさま」と「ご苦労さま」がどのような違いがあり、それはなぜかという語用論的分析、「そうです」と言うと不自然で「そうですね」と言わなければならないケースと、その裏にある日本語のメカニズム、談話標識としての「ていうか」や「まあ」の使い方など、日本語ネイティブとして普段話してはいるけど、読んでみて思わず納得のためになる話が満載でした。

語用論をやりたいという人に、概説書を読むのももちろんいいけど、日本語の実例を分析した本として、ぜひ推薦したい本です。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-27 00:44 | 読書メモ | Comments(2)
2009年 11月 25日

「ユアン」か「ユエン」か

“yuan”の音(例えば「遠い」の“远”)、私は

基本=「ユアン」、また「ユエン」という発音もある

という感覚で頭に入っていて、いつも自分が発音する際には「ユアン」で発音しています。
先日、学部の中国語教育法の授業でこの発音について学生たちの意見を聞いてみると、

基本=「ユエン」、また「ユアン」という発音もある

と認識している人が多くて、ちょっと驚きました。
日本の参考書の記述を一つ例に挙げます。輿水優1992『メモ式中国語早わかり』(三修社)では、“yuan”の発音の仕方について、

anの前に唇をすぼめた「ユ」が加わり、「ユアン」

とあり、その下に「ianの影響で「ユエン」ということもある」という注記があります。(同書8ページ)


以下は手元の中国の本の記載です。(記号の出し方とかよくわからないので不正確かもしれません。)

本来是在an的前面加上一段由高元音Ü开始的动程构成的,但实际发音像ian一样韵腹发生了变化。发音时,从圆唇的前高元音Ü开始,向前低元音a的方向滑动,但并没有降到a。舌位只降到前元音[æ]就开始升高,接续鼻音-n。发音变化的过程与ian基本相同,只是受开头圆唇元音Ü的影响,中间折点元音的舌位稍稍靠后些。唇形由圆唇在向中间折点元音滑动中渐变为展唇。

(宋欣桥2004『普通话语音训练教程』商务印书馆,164-165ページ)

「ユアン」でも「ユエン」でもない、「ア」と「エ」の中間くらいといったところでしょうか?
[PR]

by sanzhai | 2009-11-25 00:55 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2009年 11月 22日

nとng

先日、中国人留学生たちと話をしたことです。
例えば以下のような「n」と「ng」の音の区別ですが、

(1)「an」と「ang」
开饭kaifan / 开放kaifang
心烦xinfan / 心房xinfang
烂漫lanman / 浪漫langman
反问fanwen / 访问fangwen

(2)「in」と「ing」
人民renmin / 人名renming
频繁pinfan / 平凡pingfan
亲近qinjin / 清静qingjing
金银jinyin / 经营jingying

(3)「en」と「eng」
陈旧chenjiu / 成就chengjiu
申明shenming / 声明shengming
清真qingzhen / 清蒸qingzheng
人参renshen / 人生rensheng

私などは(注:あくまでも私個人のことです)(1)「an」「ang」の区別が一番難しく、(2)「in」「ing」がその次、それらに対して(3)「en」「eng」は、音色が全く異なるので区別はそれほど難しくないような気がします。

さて、ある中国人留学生たち(南方人)が、まず(1)「an」と「ang」は全く異なる音であってはっきりと区別していると言っていました。ただここまでなら「さすが中国人なんだからそうなんだろうな、日本人には難しい音だけどな」と思うだけです。
ところが一方、(2)「in」「ing」は難しいし、(3)「en」「eng」の区別も難しい、と言っていたのが、非常に意外でした。私にとっては(3)は難しくないからです。(←自分の中だけの思い込みかもしれませんが(汗)。)
「北方人だったら簡単に区別できるはずだ」と言っていたのも、印象に残りました。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-22 01:24 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2009年 11月 18日

出前授業に行ってきました

本学では、高校に授業をしに行く「出前授業」というのをやっておりまして、
私も今日行ってまいりました。
(本務校は今日から学園祭による休み期間で授業なし、念のため。)

今日お邪魔したのは、千葉県立東葛飾高校です。
e0145687_22373926.jpg

(ちょっとよくわからない写真ですね…)
「中国語とはどんな言葉か」というタイトルで、2コマほど、高校生諸君相手に授業をしてきました。
授業の始まりと終わりに「起立!礼!」があるのが、超懐かしかったですワ。

柏駅って、初めて行きました。駅前から学校にかけての道すがら、やたらとラーメン屋さんが多かったような気がするのですが、柏って、ラーメンで有名なんでしょうか。

追記(11月20日):
千葉県立東葛飾高校のHPでこの授業「大学模擬授業」が紹介されています。
多くの先生方の授業が写真で紹介されていますね。この中に私の授業風景の写真が1枚あるんだけど、わかりますかな?
[PR]

by sanzhai | 2009-11-18 22:45 | 日々の気づき | Comments(3)
2009年 11月 18日

“玩它个痛快”

大学院博士後期課程の授業で今学期読んでいる沈家煊主编2005『现代汉语语法的功能、语用、认知研究』(商务印书馆)。今日の授業で読み終えた論文「制约夺事成分句位实现的语义因素」(张国宪)の中で、二重目的語構文はもともとは“消极语义”が含まれていたとし、以下のように書いてあります。

汉语语言事实中大量存在的“吓我一跳”“烫我一哆嗦”“扒了他个精光”“讨厌他一嘴黄牙”“围了我个水泄不通”“玩它个痛快(有得过且过的意思)”都是对原始消极语义的直接继承。(本の64頁)

この中の、“玩它个痛快”、これには“有得过且过的意思”って、本当に含まれているのでしょうかね。今日の授業ではネイティブの皆さん、「う~ん、不一定では?」という反応でしたが。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-18 00:39 | 中国語の疑問や気づき | Comments(0)
2009年 11月 12日

読書メモ

中国語を歩く――辞書と街角の考現学、荒川清秀 著、東方書店、2009年

愛知大学の荒川清秀先生の最新刊です。非常に面白く、一気に読んでしまいました。もちろん面白いだけでなく、第Ⅱ章「中国語の記述をめぐって」の語義の記述の問題や字体の問題、また第Ⅲ章「中国語辞書あれこれ」の図解辞典の分析など、非常に勉強になる記述が盛りだくさんでした。

中国で出た図解辞典の“婚外恋”の図としてカラオケに興じる男女の絵が描いてあり、実は中国人は不倫というとカラオケに行く場面を連想する人が多いという点など(同書229ページ~231ページ)、全く知らなかったので非常に参考になりました。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-12 13:02 | 読書メモ | Comments(4)
2009年 11月 11日

“很看了几本书”

院博士前期の今日の授業で読んだ中で、副詞“很”が動賓フレーズ全体にかかる例として挙がっていた次のパターン。(范晓等1987『汉语动词概述』上海教育出版社,4頁)

很看了几本书, 很喝了几杯酒, 很买了几件衣服

これですぐ思い出すのは、刘月华等『实用现代汉语语法』に呂叔湘が書いている序文の出だしです。

这几年我很看过几本讲现代汉语语法的书,得到一个印象是这些书的读者对象不明确,不知道是为谁写的。(後略)

このパターン、『现代汉语八百词(增订本)』では副詞“很”の箇所で次のように記述されています。(そういえば八百詞も主編は呂叔湘ですね。)

e)很+动+数量。动词后多带‘了、过’。数词限‘一、两、几’。
~花了些(点儿)钱 / ~认识几个人 / ~费了一番心血 / ~有两下子 / ~去过几回 / ~找了一阵子

まあここまでの情報は、このような文法書や工具書を読めば、我々外国人でもわかります。

今日の授業で、以上の“很看了几本书”のような言い方は、聞いていて「古い世代の中国語」という感じがする、というコメントを、複数のネイティブの方(若い世代)がおっしゃっていました。このようなことは本にはなかなか書いていないでしょうね。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-11 00:33 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2009年 11月 09日

“作客思想”

はい、前のエントリーで言及した、“作客思想”についてです。

『白水社中国語辞典』(伊地智善継 編、白水社、2002年)の“作客”(2123頁)を見ますと、3番の「(よその家へ行き)客となる」という動詞の例の中に、次のような用例があるのです。

~思想 ((成)) = (仕事や政治活動に関して)自分が主人公だという気持ちに欠けること,お客さん気分.

この“作客思想”という言葉、面白いなと思ったのですが、その後4人くらいの中国語ネイティブに聞いてみたのですが、皆さん「そんな言葉は知らない」「聞いたことがない」「そんな言い方は絶対にしない」と、この言葉の存在に対して否定的な意見ばかりでした。“绝对不说!”と強く主張される方もいらっしゃいました。
確かに検索にかけてみても、ほとんど皆無ですね。“做客思想”だったら、かろうじて
http://www.southcn.com/news/dishi/chaozhou/shizheng/200305200826.htm
のような例もありますが、これとて “ ” で括ってあるから、微妙ですよね。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-09 01:00 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2009年 11月 06日

読書メモ

汉字知识与汉字问题,黄伟嘉、敖群 编著,商务印书馆,2009年

世界汉语教学学会审订 による、商务馆实用汉语师资培训教材 だそうです。いかにも教科書というスタイルの本で、漢字にまつわる様々な知識(漢字の歴史、簡体字・繁体字、異体字、部首、画数、書き順、書き間違いやすい字、読み間違いやすい字、そして印刷時のフォントの問題などなど)を、とにかく広く浅く集めて解説した本。漢字が専門でない者としては、けっこう面白かったです。

でも事例研究としてちょっと深く突っ込んでいる所がやはりもっと面白いですね。“作”と“做”の違いについて整理している箇所で、次のような例を挙げていましたが(96頁)、

“作客”的意思是寄居在别处,如“作客他乡”;“做客”的意思是访问别人,自己当客人,如“到亲戚家做客”。

確かに『现代汉语词典』ではこうなっている(というか、恐らく上記の記述が『现代汉语词典』をそのまま引き写したのでしょう)ものの、日本の辞書などではどちらも「人を訪問する」の意味で使えるというような記述のあるものもあり、迷うところです。
“象”と“像”については、国家語言文字工作委員会が2001年に「“象”与“像”用法研讨会」というのを開いているのですね。
それから“相”との違いですが、『现代汉语词典』第5版では、

影像的图片摄影→相(照相,照相机,相片)
影像的影带摄制→像(录像,录像机,录像带)

と、きっちり分けているようです。

“作客思想”(お客さん気分)という言い方があるんですね。(この場合は“作客”でいいんでしょうか?)面白い言い方ですね。皆でやらなければいけない仕事のときに“作客思想”の人が多くてほんと困るんだよね。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-06 00:47 | 読書メモ | Comments(1)
2009年 11月 05日

三村元監督

レビストロース死去も大きなニュースですが、私にとって大きな驚きだったのは、元広島カープの三村敏之さんが亡くなられたことです。

http://www.asahi.com/sports/baseball/npb/news/TKY200911030161.html

監督もされましたが、私にとって三村と言えばやはり、カープの黄金時代に(黄金時代が過去の話になっているのが残念ですが)活躍した三村選手です。あの頃のカープは強かった。

07年からは楽天で働かれていたとは知りませんでした。つい先日のドラフト会議にも出席されていたのですね。それがこんなに急に。
61歳だなんて、まだ若すぎます。合掌。
[PR]

by sanzhai | 2009-11-05 01:27 | 日々の気づき | Comments(0)