三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 28日

“一点”の“一”の声調(再録)

教育法の授業や大学院の授業で、時刻の1時“一点”の“一”の声調のことが話題になりました。
昔、旧ブログに書いたのですが、以下に再録します。

―――――
以前あるテキストを作った時、時刻の1時“一点”の“一”を、編集委員の中国人は第1声だと言ったのでピンインも第1声で印刷したら、後日音声CDの録音の際に吹き込みを担当した中国人は第4声だと言って、結局第4声で吹き込んでもらったことがある。気になってその後数人の中国人に聞いたのだが、第1声で言う人と第4声で言う人がほぼ半々に分かれた。このことについてテキスト『公式でわかる初級中国語』
http://sweet.asahipress.com/text/c-index.html
の「教授用資料」に書いたことがある。以下に引用する。
----------
1時“一点”の発音を中国人に聞くと、“一”の部分を第4声に読む人と、第1声に読む人がいます。北京出身者などで、この発音は第4声でしかありえないと強く主張する人がいる一方で、自分は第1声で読むという人も決して少なくありません。ただ規範から言えば、時刻の“一点”の“一”は第4声で読むべきで、だからこそ2時が“*二点”ではなく“両点”となることと通じてきます。従って教室では規範的な第4声のほうで教えるべきだと考えます。
----------
とは当時書いたものの、「規範からいってあるべき姿」と「現実の姿」は必ずしも一致しないわけで、市販の教科書や参考書等にも両方の記述が見られる。
(注:ただしどのテキストも時刻の表現は取り上げているわりには“一点”だと声調がよくわからないというのがあって避けたのかどうか、用例が“一点”を用いたものはほとんどない。)
第1声派は例えば
----------
口語の時刻の言い方は時刻を告げる鐘のなる音の回数を数える言い方になるので“二”ではなくて、“両”を用いる。ただし、“一点鐘”の数詞“一”はあたかも時間の順序を表すかのごとく第1声に発音されることが多い。(『着実にまなぶ中国語20講―入門速成コース―』讃井唯允著、朝日出版社、2004年)
----------
などがある。(注:ただし上では「発音される」ではなく「発音されることが多い」と記されている点に注意。)
第4声派も『会話から読解へ―中国語入門―』(許徳楠著、東方書店、1986年)のようなネイティブの著書の本文のピンインがはっきりと第4声になっているものの他に、解説としては、
----------
時点は本来序数表現ですから、“一”はyi1と第1声で発音し、2も“二”を使いますが、「1時、2時」を表すときのみ、“一点”yi4dian3“両点”となります。(『Why?にこたえるはじめての中国語の文法書』相原茂等著、同学社、1996年)
----------
などが「1時」の時は第4声になると明記している。
今日の大学院の授業でネイティブに聞いたら第1声派が少なくなかった。出身地と年齢が様々な多くの中国人がこの“一”をどう発音するかについて社会言語学的調査をすればおもしろい結果が出るかもしれないと、帰宅の途中自転車をこぎながら激しく妄想した。それともそのような調査の先行研究があるのだろうか。
―――――
(再録以上)
[PR]

by sanzhai | 2009-10-28 09:01 | 中国語の疑問や気づき | Comments(6)
2009年 10月 28日

“调查一调查”?

大学院博士前期課程の授業では、第2学期は次の本を読始めました。

范晓、杜高印、陈光磊1987『汉语动词概述』上海教育出版社。

火曜日の授業で読んだ中で、動詞+動量補語“V一V”の形(教学上は動詞の重ね型として教えることが多い)の例として

调查一调查

という例が載っています(5ページ)。これは明らかにおかしい。“调查”のような2音節動詞の場合は“一”を使えません。(念のためネイティブにも確認済み。)

これって単なる誤植でしょうかね。
[PR]

by sanzhai | 2009-10-28 01:28 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2009年 10月 21日

“腐败”

日付が替わって昨日の院博士前期の授業で出た話題。“腐败”という語、『現代漢語詞典第5版』を見てみますと、意味項目が3つあります。

―――
【腐败】
①动 腐烂①∶不要吃~的食物/木材涂上油漆,可以防止~。
②形 (思想)陈旧;(行为)堕落∶~分子。
③形 (制度、组织、机构、措施等)混乱、黑暗∶政治~。
―――

現在は“腐败”という語を聞いてまず連想されるのは②と③の意味で、①のような使い方はあまりない、①の箇所に挙がっている用例もへんだ、という意見が、ネイティブの方から出ました。
[PR]

by sanzhai | 2009-10-21 00:35 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2009年 10月 16日

「3日間泊まった」

今日非常勤先の講師室で話題になったこと。テキストに

3日間泊まった

という日本語があったのですが、これは「3泊4日」したということで大丈夫でしょう(か?)。(←自分が書いたテキストだろうが!(゚゚ )☆\ぽか)
例えばホテルなどに、3泊したら4日目の午前にチェックアウトするまではホテルにいて、ホテルには4日間ほどいることになりますが、それでも大丈夫でしょうかね。

ある先生が面白い意見を述べられていました。短い期間なら、例えば1泊2日の場合を「2日間泊まった」とは言えませんが、期間が長くなって、「10日間泊まった」と言った場合、10泊11日とは限らず、9泊10日滞在した場合もそのように言うような気がします。どっちかと言われるとあいまいになっているような気がしますね。
[PR]

by sanzhai | 2009-10-16 17:17 | 日本語や英語について | Comments(10)
2009年 10月 15日

国際日本研究センター

本学の、国際日本研究センターという組織に入れさせられ、いや、入ったのですワ。
これ以上忙しくならなければいいけどナ。
[PR]

by sanzhai | 2009-10-15 23:57 | 日々の気づき | Comments(0)
2009年 10月 08日

LUNCHEON LINGUISTICSでの報告

日本認知言語学会第10回全国大会の報告をすることになりました。

10/14(水)12:30~13:10
研究講義棟419
LUNCHEON LINGUISTICS
第11回「認知言語学の最新の動向 ― 日本認知言語学会第10回全国大会報告」

[PR]

by sanzhai | 2009-10-08 21:58 | 日々の気づき | Comments(0)
2009年 10月 06日

“认识”

前掲の本ですが、“知道”と“认识”の違いについて書いてある箇所で、“认识”について次のように述べています。(6ページ)

―――――
“认识”的对象是某个人、某个地方、某种东西。“认识某人”是你见过那个人或他的照片,知道那个人长的什么样子,也可能那个人不认识你。彼此见过面,互相就认识了。人们第一次见面时常说“认识您我很高兴”。
―――――

“认识某人”の説明で、“见过那个人”はもちろんいいのですが、“或他的照片”のところが引っかかります。写真を見たことがあってその人が誰かわかれば、“认识”と言えるのでしょうか?

例えば、私は鳩山首相をテレビや新聞で写真をもちろん見たことがありますし、その結果私は「この人が鳩山首相だ」と他の人と区別することができますが、でも私は“我认识鸠山首相。”とは言えないですよね。“我认识鸠山首相。”と言ったら、友だちだとか、会ったことがあるとかで、本当に知り合いであるという状況なんだと思います。

う~ん、やはり“或他的照片”の箇所は疑問が残る…。
[PR]

by sanzhai | 2009-10-06 16:42 | 中国語の疑問や気づき | Comments(6)
2009年 10月 05日

読書メモ

外国人学汉语难点释疑,叶盼云、吴中伟编著,北京语言文化大学出版社,1999年

初級レベルの外国人が中国語を勉強するとき出会いそうな質問とそれに対する説明を集めた本です。かなり初級レベルなので、まあざっととばしながら読んだという感じなのですが。
説明で笑えたのは次のものです。

―――――
(1)我来中国两年了。
(2)我来了两年了。

(2)比(1)多了一个“了”。原因很简单:(1)里有宾语“中国”,(2)里没有宾语,而且只是一个字“来”,所以在“来”后面加上一个“了”,这样听起来比较舒服。 (150页)
―――――

“听起来比较舒服”って、ネイティブは納得するのかもしれないですが、外国人にとっては何の説明にもなっていないぞ!
[PR]

by sanzhai | 2009-10-05 23:42 | 読書メモ | Comments(4)