三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 27日

「おいしそう!」

目の前に運ばれてきた料理を見て思わず出る台詞

おいしそう!

を中国語でどう言うのか気になりますね。(気になりませんか?っていうか、この話題前にもどこかで書きましたっけ?ボケてたらごめんなさい。)

真好吃!

はダメでしょうね、「おいしそう」は、まだ食べていなのですから。
日本語のわかる中国人に聞いてみると、しばらく考えた後、こうだと答えました。

一定好吃!

うーん……。“一定好吃!”と「おいしそう!」はまたちょっと何かが違うような気がするんですけどね。何が違うのかうまく説明できませんが。(゚゚ )☆\ぽか
[PR]

by sanzhai | 2009-05-27 23:06 | 中国語の疑問や気づき | Comments(15)
2009年 05月 26日

「元教え子」

例の事件で、犯人が「元教え子」だったというような報道がありますが、この「元教え子」という言い方、私は個人的には違和感があります。

例えば私が現在大学で正に教えている学生も「教え子」だし、その学生が卒業してしまった後でも、その人はずっと私の「教え子」であり続けると思うのです。(その人にとっては迷惑かもしれないけど。)

報道によっては、下のように、タイトルで「元教え子」とあり、記事本文中では「教え子」と、両者が1つの記事中で混在しているものもあります。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090522k0000e040045000c.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00001120-yom-soci
もしかしたら混在ではなく、使い分けに何か原則があるのですかね。

ちなみに「教え子」という語には2つの意味があるのですね。

―――――
おしえご【教え子】
教師・師として、自分が教えたことのある相手。また、現在教えている生徒。弟子。
―――――
『デジタル大辞泉』(小学館)より

「元教え子」という言い方は、上記の「また~」以降の意味として使っていることになりますね。
[PR]

by sanzhai | 2009-05-26 00:53 | 日本語や英語について | Comments(4)
2009年 05月 19日

“已经~了”

今日4限の院博士前期の授業。“已经~了”の形について。

我已经吃(饭)了。

文末の語気助詞ですから、
(1)私はもうごはんを食べ(始め)ています。(もう食事の状態が始まっている。)
(2)私はもう食事を食べました。(もう食べ終わった。)
の2つの意味があるはずです。授業に出ている複数のネイティブの皆さんによると、この文に(1)の意味がある点では全員意見が一致しました。しかし、(2)の意味を表せるかどうかについては、(2)の意味になることもあるとする人と、(2)の意味にはならないという人に分かれました。

我已经休息了。

については、
(1)私はもう休んでいる。もう休みの状態に入っている。
という意味しかなくて、
(2)私はもう(過去のある時点で)休んだ。
という意味にはならないそうです。(全員一致。)もし(2)の意味を言いたいのなら、“休息过了”のように違う言い方をするのだそうです。
[PR]

by sanzhai | 2009-05-19 23:38 | 中国語の疑問や気づき | Comments(0)
2009年 05月 18日

マスク

今日の副専攻語の授業では、クラスに授業中もマスクをしている人が3名いましたね。

大阪や神戸の大学では全学臨時休講のところが出ていますね。関西は今大変だけど、東京に来るのも時間の問題でしょうか。
ところで私は土曜日に京都へ行きましたけど…大丈夫ですよね?(←誰に聞いてる?)
[PR]

by sanzhai | 2009-05-18 23:27 | 日々の気づき | Comments(2)
2009年 05月 17日

土産店の人形

土曜日は某仕事で京都に出張でした。
e0145687_1232376.jpg

朝5時に起きれば、京都の午前中の会議には間に合ってしまうところが、なんとも微妙です。

土産に「千枚漬を買ってきて」と頼まれていたので、JR京都駅の土産店で、私は千枚漬って何かよく知らなかったので(恥)、店員さんに「千枚漬ってどこに売っていますか」と聞いたら、各社から出ておりますと、いろんな種類が売っていました…。
うん、美味しかった。

あと、生八橋は子供たちに人気でした。
(こうやって書いていると京都に何しに行ったんだか…。)

JR京都駅新幹線乗場土産店の人形です。ちょっとリアルだなあ…。
[PR]

by sanzhai | 2009-05-17 12:13 | 日々の気づき | Comments(0)
2009年 05月 13日

今ちょうど来ているところ

4限の院博士前期の授業。テキストに

*他在来呢。

は言えないという例がありますが、“在”ではなく“正”を使って

他正来呢。

だったら言えるというネイティブがいました。例えば人を待っていて、約束時間に来ない人について、「今駅を出たところで、今来つつあるところ」というような場面かな。
しかしそのような時も上記の“他正来呢。”は言えないという、他のネイティブたちもいました。その人たちによると、

他正来着呢。

とか、あるいは“往这儿”をつけて

他正往这儿来呢。

と言わないとならないということでした。
日本語でも「?今来ている」は若干微妙で、「今そちらに向かっている」のような言い方をするのが普通かもしれません。
[PR]

by sanzhai | 2009-05-13 00:06 | 中国語の疑問や気づき | Comments(0)
2009年 05月 12日

どいたり、どいたり

学会の全国大会が近づいてきました。頭の中は“了”のことばかり(でもないか)。
こういう時は現実逃避に限ります。

“走了,走了”の例で思い出したのですが(まあ全然関係ないですが)…
うちにには子供向けの絵本がたくさんあるのですが、その中の

『のろまなローラー』、小出正吾 文、山本忠敬 絵、福音館書店
(1965年発行、手元にあるのが2001年の第77刷!)

という可愛い絵本、少し引用します(同書2ページから4ページ)。

―――――
ローラーが、おもい くるまを
ごろごろ ころがしながら、
みちを いったり きたり
していました。
ぶっぶっぶっと、うしろから、
おおきな トラックが やって
きました。トラックは、
「じゃまだよ、じゃまだよ。
どいたり どいたり」と いって、
ローラーを しかりつけながら、
おいこして いきました。
―――――

7ページではローラーくんはさらに「りっぱなじどうしゃ」から
―――――
おいおい、のろまな ローラーくん。どいたり どいたり。あっはっは……
―――――
と、笑われながら追い抜かされています(可哀想に)。

この「どいたり どいたり」という日本語、私には分かりません。
まあ「どけ」という意味だろうとは推測できますが、少なくとも私はこういう言い方はしません。聞いたことも見たこともなく、この絵本で初めて出会いました。

「たり」について辞書を見ると

(終助詞的に)軽い命令を表わす。「どい―、どい―」
(『新明解国語辞典』三省堂)

と、出ていますけどね。
この言い方、上記絵本は1965年の本ですが、少し昔の言い方なのでしょうか(←まだ自分は若いつもり)。
それとも、地域差の問題でしょうか(←私は母語は広島方言)。
[PR]

by sanzhai | 2009-05-12 00:31 | 日本語や英語について | Comments(4)
2009年 05月 04日

“年青”と“年轻”

あまりこの両方の違いを深く考えたことはなかったのですが…。
『现代汉语词典』によると、“年青”は

处在青少年时期

とあります。同辞典によると、“青年”が“指人十五六岁到三十岁左右的阶段”で、“少年”が“人十岁左右到十五六岁的阶段”とありますので、“青少年时期”となるとだいたい十歳くらいから三十歳くらいまでですね。
よって、

“年青”=だいたい十歳くらいから三十歳くらいまで

ということになります。

さて、こんどは『现代汉语词典』による“年轻”の方の定義です。今②の相対的に若いという意味の方は置いておいて、①の方の語釈を見ると“年纪不大(多指十几岁至二十几岁)”とあります。“多指”の“多”が微妙ですが、まあ

“年轻”=十数歳から二十数歳

ということになるでしょう。
そうすると、例えば12歳くらいの人のことは“年青”でもあり“年轻”でもあると言えるのでしょうか。
微妙なのが20代後半。例えば29歳の人は…

彼は今年29歳、“年轻”ではないが“年青”である。

ということになるのでしょうか。
[PR]

by sanzhai | 2009-05-04 23:18 | 中国語の疑問や気づき | Comments(0)