三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 25日

成立可否に「?」がついた例文の続き

院の授業で読んでいる沈家煊2000「句式和配价」の中で挙がっていた例文で、ネイティブから「?」の意見が出たものの続き。

他扔我一个球。
→「普通は“他扔给我一个球。”と言う。このままではあまり言わない。」という意見あり。

他飞了一只鸽子。
→これは“他烂了五筐苹果。”が彼が意図的に腐らせたのではなく、結果として腐らせてしまったとなるのと同様に、彼がハトを意図的に飛ばしたのではなく、結果的に逃がしてしまったという意味で挙がっている例文だが、「こんな言い方はしない」との意見あり。

他跑了一身汗。
→“他出了一身汗。”なら全く問題ないが(←ただしこの場合は走って汗が出たとは言っていないが)、このままの言い方はあまりしないとの意見あり。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-25 23:54 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2008年 04月 22日

他搛我一块火腿

大学院博士後期課程の授業は今年度も沈家煊2006『认知与汉语语法研究』を引き続き読む。今年度は5本目の論文「句式和配价」から。

今日の授業で読んだ中で、83ページに次のような例文が出ている。

他搛我一块火腿。

この例文は、他の例文“他扔我一个球。”“他斟我一盅酒。”“他介绍我一个朋友。”と共通の「与える」という意味を持つ二重目的語構文として取り扱われている。ということは、「彼は私にハムを(箸で挟んで)取ってくれた。」という意味だとして著者はこの例文を挙げているわけである。
ところがネイティブの意見によると、逆に「失う、なくなる」という意味の構文で、「彼が私のハムを(箸で挟んで)取っちゃった」という意味にもとれるということである。

さらに、この例文自体が成立しないとするネイティブもいた。(言えるとするネイティブもいて、意見が分かれた。)この“搛”をこういうふうに使う例文はどこかで覚えがあるなあと思い探すと、朱徳煕にあった。しかも成立の可否の判断が異なるのだ。

*搛我一块鱼
(朱徳煕1980『现代汉语语法研究』163ページ)

ここでは成立しない例として挙げられており、“给我搛了块鱼”ならOKだという。

さて、この両書の判断の違いをどう考えるべきか。まさかハムならOKで魚だからダメというわけでもあるまい。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-22 23:45 | 中国語の疑問や気づき | Comments(0)
2008年 04月 21日

吸引力

今日の副専攻語のテキストで“吸引力”という語が出ていた。
“吸引力”は中国語としては「(物体や他人の注意などを)引きつける力」というような意味だろう。
テキストでは地球の万有引力の話で出ていた。

さて、日本語の「吸引力」を考えてみたが、私は「キュウインリョク」という音声を聞きまず頭に浮かぶのは

「掃除機」

である。ググると、確かに「秋葉原が絶大な吸引力となる」や「恋愛の吸引力」のような使い方もあるが、他は「ゴミが溜まってきても吸引力が落ちにくい」のように、掃除機関係のものが並ぶ。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-21 23:28 | 日本語や英語について | Comments(0)
2008年 04月 18日

花粉症

授業が回り始めて、水曜日はやはり「水曜日」だった(笑)。
※「水曜日」=午前中授業びっしり。午後会議びっしり。帰宅は深夜。

スギ花粉はだいぶ減ってきたのかもしれないが、昔から重症の花粉症患者である私は、まだ苦しくマスクが手放せない。(「口・鼻放せない」?)
火曜日の夕方は帰りに耳鼻科に寄った。薬を処方してもらい薬局に行くと、薬局店内で犬を飼っていた。
e0145687_013772.jpg
AIBOっていうやつですね。けっこう本物っぽい動き。見ていて「かわいいな」という気持ちが湧きました。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-18 00:04 | 日々の気づき | Comments(0)
2008年 04月 14日

授業開始

今週からいよいよ本務校の方も新年度の授業開始だ。(春休みは実質上なかったな~。)

今日は3限が1年生の主専攻語、4限が卒論ゼミ、5限が副専攻語だった。1年生はやはり初々しい。それぞれ初回なのでオリエンテーション的な授業に関する説明が中心になった。少ししゃべりすぎたかも。(「余計なことを」という意味ではなく、純粋に時間の長さについて言っている。)
[PR]

by sanzhai | 2008-04-14 22:55 | 日々の気づき | Comments(0)
2008年 04月 12日

いよいよフル回転・・・か

10日(木)
午前中会議の後、午後新入生のオリエンテーションで、今年度本学の中国語専攻に入学してきた新1年生たちと初対面。皆さん初々しく、こちらも気が引き締まる感じ。新入生諸君は毎年年齢は同じだが、こちらは毎年1歳ずつ歳をとっていくばかりである。
その後新学期の様々な雑用をし、6時くらいから会議、9時くらいから数人でざっくばらんな打ち合わせ(含アルコール)、帰宅は11時頃。

11日(金)
今年度も金曜日は非常勤に行く日だ。前日寝るのが遅くなったので起床がちょっとつらかったが、1限からなので朝早く起きて、車で非常勤先の某私大へ。今日から授業開始。昨年度までは1限と2限の2コマだけだったが、今年度は1限+2限+昼休みは講師室で弁当+3限までの計3コマ。初回の授業で学生たちがまだほとんどテキストを購入していないので、黒板に内容を書いて説明する。
3限終了後、新座市のその大学から車で府中市の本務校へ移動。(いくら飛ばしても(危)、やはり1時間はかかる。)アポのあった学生の相談にのり、その後雑用をして、自宅に帰った。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-12 00:19 | 日々の気づき | Comments(4)
2008年 04月 09日

開会式入場行進が漢字画数順

北京オリンピック開会式の入場行進の順番が、国名を中国語で表記したその漢字の画数順になるんだそうな。

http://www.asahi.com/sports/update/0408/TKY200804080300.html

えっと思ったが、五輪憲章は「開催国の言語での国名順に行進する」と定めているらしい。しかしピンインのABC順ではなく漢字の画数順になるところが、いかにもっていう漢字、じゃなかった感じ、ですねえ。
中国の辞書、時々画数順のがあると、つい引くのが面倒くさくて遠ざかっちゃうんですけど。(やはりピンイン順の方が引くのは楽。)私だけでしょうか。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-09 22:31 | 日々の気づき | Comments(0)
2008年 04月 08日

研究に終わりなし

「学問に王道なし」で思い出した、前任校に勤めていた頃の話。

当時、研究室のある建物が確か夜の7時頃になったら、施錠されセコムか何かのセキュリティシステムに切り替わっていた。で、夜のその頃の時間になると、警備員さんが建物内を廻り、まだ研究室等で残っている人がどのくらいいるか確認していた。研究室で仕事していると、その頃になるとノックがあり、警備員さんが「まだ仕事で学内に残られますか」ということを、前任校のあった新潟方言で聞いてくるのである。

その夜、ある先生が居残られて研究室で仕事をされていた。セキュリティシステムに切り替わる時間になって、警備員さんが、灯りがついている研究室を一つ一つノックして廻られていた。そして、その先生の研究室もドアをノックして開け、まだ残るかどうか聞いたのである。その先生、よほど仕事に集中していて、ノックで邪魔されたのがお気に召さなかったのか、いつもいつも居残っていると同じことを聞かれそのたびに作業が中断するのが腹に据えかねたのか、警備員さんに対して声を大にして言った。

「研究に終わりはない!」

警備員さんとしてもそんなこと言われてもねえ…その晩まだいるか、もう帰るかを聞きたかっただけだろうに。

追:
「学問に王道なし」と「研究に終わりなし」って、共通点ないですね。「XにYなし」という構造だけですね。なんで思い出したんだろう。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-08 23:21 | 日々の気づき | Comments(6)
2008年 04月 07日

学問に王道なし

子供たちとクイズ番組「Qさま!!」を見ていた。

Q:「学問に王道なし」ということわざを言った人は?
に対して
A:(ユークリッド幾何学で有名な)ユークリッド
を答えさせる上級問題があった。
-----
「王道」は、安易な方法、楽な道。ユークリッドから幾何学を学んでいたエジプト王が、「もっと簡単に幾何学を学ぶ方法はないか」と尋ねたところ、「幾何学に王道なし」と答えたという故事による。
-----
http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2004/12/post_482.html より引用)
だそうだ。(ええ話やねえ~。)

で、ググッてみると、ユークリッドではなく哲学者アリストテレスがアレクサンドロスに対して言った言葉だと説明しているものもありますが・・・
http://www.kyoto-u.ac.jp/uni_int/01_sou/060407_1.htm
の4段落目に注目。

いったいどうなってるんでしょう。
(調べればいいのに横着で調べないいつもの私。(汗))
[PR]

by sanzhai | 2008-04-07 22:11 | 日本語や英語について | Comments(0)
2008年 04月 05日

花見

週末くらい家族と・・・と花見に来てみましたが、だいぶ散り始めていて、来るのが少し遅かったようですね。
e0145687_23471160.jpg


今回は画像アップの練習を兼ねていたりして・・・(汗)
[PR]

by sanzhai | 2008-04-05 23:49 | 日々の気づき | Comments(0)