三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日本語や英語について( 22 )


2008年 04月 21日

吸引力

今日の副専攻語のテキストで“吸引力”という語が出ていた。
“吸引力”は中国語としては「(物体や他人の注意などを)引きつける力」というような意味だろう。
テキストでは地球の万有引力の話で出ていた。

さて、日本語の「吸引力」を考えてみたが、私は「キュウインリョク」という音声を聞きまず頭に浮かぶのは

「掃除機」

である。ググると、確かに「秋葉原が絶大な吸引力となる」や「恋愛の吸引力」のような使い方もあるが、他は「ゴミが溜まってきても吸引力が落ちにくい」のように、掃除機関係のものが並ぶ。
[PR]

by sanzhai | 2008-04-21 23:28 | 日本語や英語について | Comments(0)
2008年 04月 07日

学問に王道なし

子供たちとクイズ番組「Qさま!!」を見ていた。

Q:「学問に王道なし」ということわざを言った人は?
に対して
A:(ユークリッド幾何学で有名な)ユークリッド
を答えさせる上級問題があった。
-----
「王道」は、安易な方法、楽な道。ユークリッドから幾何学を学んでいたエジプト王が、「もっと簡単に幾何学を学ぶ方法はないか」と尋ねたところ、「幾何学に王道なし」と答えたという故事による。
-----
http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2004/12/post_482.html より引用)
だそうだ。(ええ話やねえ~。)

で、ググッてみると、ユークリッドではなく哲学者アリストテレスがアレクサンドロスに対して言った言葉だと説明しているものもありますが・・・
http://www.kyoto-u.ac.jp/uni_int/01_sou/060407_1.htm
の4段落目に注目。

いったいどうなってるんでしょう。
(調べればいいのに横着で調べないいつもの私。(汗))
[PR]

by sanzhai | 2008-04-07 22:11 | 日本語や英語について | Comments(0)