三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中国語の疑問や気づき( 254 )


2015年 12月 24日

犹其余事

テレビの仕事が忙しく、最近こちらは全然書いていませんね。久しぶりの投稿です。

院博士前期課程で、今学期は朱徳煕『语法答问』を読んでいます。
その43ページです。
e0145687_23115424.jpg
このページに、“犹其余事”という言い方が出てきます。これはどういう意味ですかと聞かれて、わかりませんでした。(何度も読んでいるはずなのに、情けない…。)
中国語では決まり文句なのかと思いましたが、その場にいた中国人留学生の皆さん(5~6人)、わかる人がいません。
中国人の先生(2人)、日本人の先生(2人)にも聞きましたが、やはりわからないとのことです。

『汉语大词典』を見ると、“余事”は「どうでもいいこと、つまらないこと」のような語釈がありますので、「どうでもよいことだ」と言っているのかなと思います。ここでは伝統文法の文成分についての「六大成分」という概念の問題点を指摘しているのですが、六大成分が文の構造を反映できないことが問題であって、その文成分が6つかどうかという、6という数については、それはどうでもいいことなのだと。

訳本を見ますと、この問題の箇所は

「六大成分の「六」という字の不適格さに至っては、なにをか言わんやだよ。」

とあります。ちょっとなんとなくすっきりしないですね。
[PR]

by sanzhai | 2015-12-24 23:24 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)
2015年 11月 09日

“吐”の声調

先日開催された日本中国語学会全国大会のある発表の中で出てきた例文です。

(爸爸看见孩子把虫子放进嘴里)爸爸:“我的妈呀,吐了吐了!”

この“吐”を、発表者(どうやら中国語ネイティブ)は“tù”と第4声で読んでいました。
それを聞いた時私はおかしいと思いました。“tù”と第4声で読むと、これは嘔吐するという意味です。
この場合は、口の中に入った虫を、意図的に自ら吐き出すわけですから、“tǔ”と第3声で読まないといけません。

新华字典
吐tǔ(第3声):使东西从嘴里出来:不要随地吐痰/吐唾沫
吐tù(第4声):消化道或呼吸道里的东西从嘴里涌出:上吐下泻/吐血

質疑応答の場では他の質問をし、その発音のことは聞きませんでした。
その後、雑談の場で、何人かの中国人の先生方とお話をしていて、この点を聞いてみると、皆さん
“吐了吐了!”の“吐”は“tù”と第4声で読む。これを第3声で読むことはない、とおっしゃるのです。(゚д゚)!
「吐き出せ!」と言いたくて“吐出来”と言う場合は、第3声でいいのだそうです。でも“吐了吐了!”の“吐”は“tù”と第4声だと。
おかしいではないですか。嘔吐しろと言っているのではないのに(笑)。口の中に入った虫を吐き出せと言っているのに。

何が原因なのでしょうか。不思議です。規範と現実はしばしば異なると言ってしまえばそれまでですが。
[PR]

by sanzhai | 2015-11-09 19:35 | 中国語の疑問や気づき | Comments(1)
2015年 10月 18日

洗干干净净收着

先週、博士前期課程の授業で読んだ『語法答問』で、もう一箇所、反響の大きかった(?)ところです。

此外,口语里甚至连一些表示结构关系的虚词有时候也可以说出来。例如:
(8)你搁桌上吧。(你搁在桌上吧。)
(9)洗干干净净收着。(洗得干干净净收着。)
(同書4ページ)

中国人留学生の皆さんによると、この(9)“洗干干净净收着”、こんな言い方しないということです。
「きれいに洗ってしまってある」という意味でしょうが、括弧内のように、様態補語の“得”が必要ということですね。ただ、この括弧内の

洗得干干净净收着

も、私に言わせるとちょっとおかしい言い方です。本来なら、連用修飾語の標識である“地”をつけて、

洗得干干净净地收着

と言うべきではないでしょうか。これで“洗得干干净净地”が連用修飾語となって、“收着”を修飾することになります。この点(“地”が必要だという点)、その場で私の隣にいた中国人留学生も、同意してくれました。
[PR]

by sanzhai | 2015-10-18 12:56 | 中国語の疑問や気づき | Comments(1)
2015年 10月 15日

肉末夹烧饼

火曜日2限の博士前期課程の授業、秋学期の授業では、朱徳煕1985『语法答问』(商务印书馆)を精読していくことにしました。やはり中国語の文法について考えようという人は、必ず読んでおくべき本ですからね。

3ページの例です。
肉末夹烧饼~烧饼夹肉末

中国語の語順は融通性を持っているという例の一つですが、授業に出ていた中国人留学生のうちの一人の意見によると、左側の“肉末夹烧饼”は、こんな言い方はしないとのことでした。

ちなみに光生館の編訳書でこの例の訳を見ると、
“肉末夹烧饼”が「ミンチ肉はシャオピンにはさむ」
“烧饼夹肉末”が「シャオピンにミンチ肉をはさむ」
となっています。
[PR]

by sanzhai | 2015-10-15 23:20 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)
2015年 06月 26日

現代漢語詞典の軽声の扱い

ふと疑問に思ったこと。
e0145687_035698.jpg

現代漢語詞典の発音についての凡例です。

一般轻读、间或重读的字

については、凡例3.5のように表記することはわかりましたが、

一般重读、间或轻读的字

というのはないのか。

既可以轻读、也可以重读的字
(つまり一般にはどちらの発音という傾向はなくて、50%ずつ、どちらの発音もありうる字)

というのはないのか。
いずれも、あるけど、現代漢語詞典はマークしていないだけなのか。ならばそれはなぜか。
[PR]

by sanzhai | 2015-06-26 00:08 | 中国語の疑問や気づき | Comments(0)
2015年 06月 16日

反復疑問文+“了”

博士前期課程の授業で読んでいる刘月华1990『句子的用途』(人民教育出版社)。今日読んだ箇所で、次のような例文がありました。(54頁)

(1)你今天肚子疼不疼了?

最初見た時、私はこの文の意味がわかりませんでした。(今もまだよくわかっていない。汗)

(2)你今天肚子疼不疼?

なら、今日お腹痛いかと、現在の状態を尋ねている、これは問題ありません。
この“疼不疼”という反復疑問文の形に、文末に語気助詞“了”がついています。
中国人留学生たちに聞くと、この(1)は、今日まだお腹痛いですか、という意味だそうです。つまり、

(3)你今天肚子还疼不疼?

と同じような意味なのだと。
語気助詞“了”は基本的に変化を表すはずですから、なぜ“疼不疼”+“了”で、「まだ痛いか?」という意味になるのか、ちょっとまだ納得できない状態です。今後じっくり考えよう。
[PR]

by sanzhai | 2015-06-16 18:26 | 中国語の疑問や気づき | Comments(5)
2015年 06月 02日

〜と“好”

博士前期課程の授業で読んでいる教材、今日は選択疑問文のところだったのですが、次の例文がありました。

你从前跟小张好,还是跟小马好?

私はこれは

あなたは以前、張さんと仲がよかったの、それとも馬さんと仲がよかったの?

という意味かと思い、ちょっと変な意味だなと思っていたのですが、授業でこの例文が出ると、中国人留学生の皆さんが、クスクス笑っています。面白い例文だと。よく聞くと、この例文は、

あなたは以前、張さんと付き合っていたの、それとも馬さんと付き合っていたの?

という意味だそうです。“跟〜好”で、この場合の“好”は単に仲が良いということではなく、男女が交際しているという意味になることがあるのですね。
いやあ~、そういう意味は思いつきませんでした。中国語は難しいなあ。(汗)
[PR]

by sanzhai | 2015-06-02 12:32 | 中国語の疑問や気づき | Comments(4)
2015年 05月 26日

助動詞“肯”

今日の学部の講義で助動詞の議論をしました。助動詞の各論の中で“肯”も出てきたのですが、レスポンスシートで日本語専攻中国人留学生の方が、助動詞“肯”はそもそもそんなに使わないと書かれていました。
以下は『现代汉语八百词』の例

只要你肯下功夫,总可以学会的
肯不肯来?——肯。
你肯安静一会儿吗?

4限の大学院生に(中国人留学生)も聞いてみると、もちろん間違いではないが、やや古めかしい言い方だとの意見をいただきました。
助動詞は重要だろうと思い、初級段階でもしっかり教えるようにしているのですが。
[PR]

by sanzhai | 2015-05-26 17:07 | 中国語の疑問や気づき | Comments(1)
2015年 04月 19日

青的萝卜

先週の大学院博士前期の授業で読んでいた本の例文の中に、

青的萝卜

という語句が出てきました。“萝卜”は大根、そうすると日本人の多くは大根というと、白という色をイメージすると思います。ところが出席している中国人留学生の皆さん、なんの問題もない、青い(実際には緑色の)大根だと。スマホで画像検索で見せてもらいました。大根には見えない、緑色のもの、確かにありました。

同じ訳語でも、日本人と中国人の間で、違うものを思い浮かべていること、ありそうです。
[PR]

by sanzhai | 2015-04-19 23:04 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)
2015年 04月 14日

反復疑問文の目的語の位置

新学期の授業も始まりました。今日の学部3、4年生の講義。今年度は特に日本語専攻の中国人留学生の方が多いです。

反復疑問文の話題が出ました。以下、先行研究の言及がたくさんあるわけですが、ここではそれについては触れず、今日こういう発言があったという事実のみご紹介。

a:你去不去上海?
b:你去上海不去?

a:你听不听音乐?
b:你听音乐不听?

a:你看不看京剧?
b:你看京剧不看?

aの方が普通の言い方で、bの方は使用頻度は低いのは言われていると思いますが、bが全くないわけではなく、中国で発行された文法書、対外漢語教学の参考書など、いくらでもたくさん掲載されています。
今日の授業である中国人留学生の方が、このbのようなタイプの疑問文は全く聞いたことがないという反応で、中国語としてはこうは言わない、間違いだという趣旨のことを言われました。
うーん、繰り返しますが、使用頻度が低いことは、確かに承知しておりますが、あれだけ中国で発行されている中国人の著書に、いくらでも正しい文として例が出ているのに、バッサリ間違いだと言われると、外国人としては複雑な気持ちなのです。
[PR]

by sanzhai | 2015-04-14 22:53 | 中国語の疑問や気づき | Comments(2)