三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 26日

「ぼったくる」と「ぶったくる」

国語辞典を眺めていると、「ぶったくる」という語が視界に入ってきた。(←紙辞書だからできること。)

ぶったくる【打っ手繰る】①強引に奪い取る。ひったくる。「バッグを―・られる」②法外に高い代金をとる。ふんだくる。ぼる。「バーで―・られる」(『明鏡国語辞典』大修館書店)

私は母語は広島方言で、標準語は大学入学で東京に来てから学習したものである。それでも東京で暮らしてもう長い年月がたっているが、恥ずかしながら、上記「ぶったくる」という語彙は、私は知らなかった。人が使っているのを聞いたら、文脈からなんとなく意味を推測できるかもしれないが、少なくとも自分では絶対に使わない。

では自分ならどう言うか。
私ならこれは間違いなく「ぼったくる」と言うと思うのである。だから、「ぶったくる」という聞きなれない語彙が目に入ってきたとき、「ぼったくる」の間違いなんじゃないのかと疑ったくらいである。ところが辞書を引くと「ぼったくる」は掲載されていない。

電子辞書に、ヒントらしいものを見つけた。ボタンを「ぼったく」まで押していったところで、画面に「ぼったくり」が出てきたのである。(←電子辞書だからできること。)

ぼったくり
物やサービスを提供する者が、消費者から不当に高額な対価を請求する行為。低料金に見せかけた勧誘を行い、実際には高い料金を請求するなど。〔盗人の隠語で「かっぱらい」、また大阪方言の「ぼったくる(=無理に奪いとる、ふんだくる)」からか〕(『スーパー大辞林』三省堂)

最後の「大阪方言の~」の箇所に注目したい。私の語感では、広島方言にもそれは存在する。そうすると、「ぶったくる」を見て「ぼったくる」じゃないかと思ったのは、私の広島方言の影響か。(それにしてもことばを知らなくて恥ずかしい。反省。)
[PR]

by sanzhai | 2008-05-26 23:31 | 日本語や英語について | Comments(2)
Commented by 小川 at 2008-05-28 08:24 x
こんにちは。「ぼったくり」なら知っているが「ぶったくり」は知らないと思って「ぶったくり」に困惑されたことに共感を覚えたのですが、しかし後になって「やらずぶったくり」を思い出しました。これなら知っています。ではまた。
Commented by sanzhai at 2008-05-28 23:21
こんにちは。コメントありがとうございます。
自分の語感に共感を覚えてくださる方がいらっしゃって、ちょっと安心しました。
でも実は私は「やらずぶったくり」という言葉も知らなかったということを、正直に告白しなければなりません…


<< “惦记”      “本子”の量詞 >>