三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 08日

読書メモ

それから、夏目漱石 著、新潮文庫
e0145687_1843693.jpg
電車内読書シリーズ。自分が中学生のころに読んだ文庫本を何冊か実家から持って帰っていて、それを読みました。画像の表紙デザインのです。今販売されているのは、このデザインではないようです。
昔の文庫本は、とにかく字が小さい。このくらいの字の大きさの本を普通に読んでいたのですね。今回老眼の私はこの本を読む時はほぼ眼鏡を外して読んでいました。

内容はやはり『三四郎』に比べるとぐっと重いテーマですね。途中からの展開が俄然面白くなってきて、一気に読みました。しかし中学生のころの私は、これを読んで果たして理解していたのか。当時どのような読後感を持ったか、今となっては覚えていません。
[PR]

by sanzhai | 2015-11-08 18:09 | 読書メモ | Comments(0)


<< “吐”の声調      読書メモ >>