三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 18日

“浅”“深”と「浅い」「深い」

今日の院博士前期の授業で読んだ、馬真先生の『现代汉语虚词研究方法论』の続きです。
268ページに次のような例文があります。

这本书还浅一点儿,那本书可深了。

ここも副詞“还”の議論のところなのですが、私が改めて気づいたのは形容詞のほうです。
私はこの例文を見て、一瞬油断して(笑)

「この本は(内容が)浅い、あの本は(内容が)とても深い」

という意味かと思ったのです。日本語では「(内容が)浅い」というのは、マイナスの意味で用い、逆に「(内容が)深い」というのは、プラスの意味で使います。
ところがこの中国語の例文の場合、そういう意味ではなくて、現代漢語詞典の該当する意味項目の説明を借りると、

浅=浅显
例子:浅易/这些读物内容浅,容易懂

深=深奥
例子:由浅入深/这本书很深,初学的人不容易看懂。

とあります。“浅”は「やさしい、わかりやすい」という意味、“深”は「奥深い、難しい」という意味なのですね。
日本語だと、「やさしくてわかりやすい」というと、良い意味、プラスの意味で使われており、「難しい」というと、マイナスの意味だと思うのですが、中国語としては著者の解説によると、この例文の“浅”も“深”も、プラスでもマイナスでもない、中性の意味だと言っています。

“这些读物内容浅,容易懂”と言った場合、わかりやすいと言っているのだから、褒义で言っているのか、それともあくまでも中性であって、そのようなプラスの意味はないのか、気になります。

あと、日本語の「この本は内容が浅いよ。」(内容がない、大したことは書かれていない、という悪い意味)というのは、中国語ではどう言うのでしょうか?
[PR]

by sanzhai | 2013-06-18 17:33 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)
Commented by 三笑五 at 2013-06-19 14:46 x
日本語の「この本は内容が浅いよ。」(内容がない、大したことは書かれていない、という悪い意味)というのは、中国語ではどう言うのでしょうか?

→“内容浅薄”とか、“没什么内容”とかですかね。
Commented by duoduo at 2013-06-21 15:39 x
「中国語としては著者の解説によると、この例文の“浅”も“深”も、プラスでもマイナスでもない、中性の意味だと言っています。」
→同感です。中国語の<浅>は、ここでは、日本語の「浅い」で理解するより、「難しくない」に近いような気がします。
Commented by duoduo at 2013-06-21 15:47 x
「日本語の「この本は内容が浅いよ。」(内容がない、大したことは書かれていない、という悪い意味)というのは、中国語ではどう言うのでしょうか?」
三笑語さんが書いている通りだと思います。

这本书内容浅薄。
这本书没什么内容。
这本书很肤浅。

などの言い方があると思います。

「没什么内容」は文字通りに「あまり中身がない」という意味で厳密に考えると悪い意味の「浅い」とちょっと違うような気がします。ただ、比較しないで、中国語らしい中国語を考えると、「没什么内容」はよくある言い方のような気がします。
 それから、悪い意味の「浅い」に一番近い中国語は個人的に「肤浅」ではないかと思います。人へ評価にも物への評価にも、話し言葉でも書き言葉でも使える言葉の一つです。


<< 可能補語の反復疑問文      “平”と「平ら」 >>