三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 05日

アスペクト助詞“着”の文法的意味と教え方

ある初級教科書で、「動作・状態の進行」を教える箇所で

爸爸正在打电话呢,你安静点儿。

という例文が挙がっており、同じページの「動作・状態の持続」を教える箇所では

他打着电话呢。

という例文が挙げられています。
初級教科書でのこのような例文の挙げ方は、問題が大きいと言わざるをえません。
今、例えば「状態の進行」とはいったい何なのかといったような用語使用上の問題はさておき、内容面でここには2つの異なる問題があります。

【1】アスペクト助詞“着”の文法的意味と用法をどう理解すればよいか?
【2】アスペクト助詞“着”を、初級段階の日本人学習者にどのように教えればよいか?

この2つの問題は、関連しつつも、議論の上で混在させてはならない別個の問題です。
このブログ上で論文を書く余裕はありませんので、結論だけ簡潔に書きます。

―――――
【1】アスペクト助詞“着”の文法的意味と用法をどう理解すればよいか?
“着”は状態・結果の持続を表します。これが“着”の中心義です。もっと厳密に言うと、“着”は「たとえ動きのある動作の進行でも、話し手がそれをあたかも動きのない状態であるかのように捉え表現したい時」に使います。

間違えやすい点を以下で説明します。
(1)“打着电话”“吃着饭”“开着会”などの、動きのある動作を表す動詞+“着”は、句・節・談話などすべてのレベルにおいて、動作を「動きのない状態であるかのように表現し」背景化させ、後続する部分を前景化させる働きを持っています。(だからこそ、“他打着电话呢”というと、それ自体は背景化し、「だから今は手が離せないよ」という含意が込められる(そちらの方が言いたい内容になる)ことも少なくありません。)よってこれらの“V着”は、その使用に非常に制約があることが、大量の生きた中国語である言語データ(コーパス)の調査から明らかになっています。

(2)「状態」と「持続」は完全に相反する概念ではありませんので、両者が共起することもあります。“他在穿着衣服”や“他们正看着节目呢”が表す動作の進行の意味は、文中の“在”“正”“呢”などが担っているのであって、“着”の意味が変化したわけではありません。

詳細な説明や根拠については、例えば以下のような文献をご参照ください。
・三宅登之2007「表示动态的“V着”的实际使用情况考察」,『日本现代汉语语法研究论文选』,北京语言大学出版社。
・方梅2000「从“V着”看汉语不完全体的功能特征」,『语法研究和探索(九)』,商务印书馆。
・钱乃荣2000「体助词“着”不表示进行意义」,『汉语学习』,第4期。

―――――
【2】アスペクト助詞“着”を、初級段階の日本人学習者にどのように教えればよいか?
さて、上記のように、動きのある動作の進行をあたかも状態のようにとらえて背景化させる“打着电话”のような言い方も中国語に存在するのは事実です。
しかし、外国人である日本人が中国語を学習している初級段階では、
(1)その形式の重要かつ主要な用法から教える
(2)使用頻度の高い常用される用法から教える
という原則があると考えます。その意味からすると、初級段階で最初に日本人に進行・持続の概念を提示する際には、

“在V”=動きのある動作の進行
他在做练习呢。/他在吃饭呢。

“V着”=動きのない状態の持続
屋子的窗户开着,门关着。/他在椅子上坐着。

のように、それぞれ典型的な意味と用例だけを、学習者にはまず割り切って教えて、その典型的・中心的意味をまず把握してもらいます。繰り返しますが、動きのある動作Vに“着”がついている例や、“在”と“着”が共起している例もありますが、初級段階で最初からいきなりそのような例を提示すると、学生は混乱するだけなので、一切伏せておきます。そのような、用法に制約のある例、意味上特殊な含意を持つ例(上記【1】を参照)を教えるのは後回しで、まず基本を押さえた後、上級レベルになってからで十分です。

ちなみに“着”ですが、上記の動きのない状態の持続を表す動詞述語文のほかに、

◎存現文
桌子上放着一本词典。

◎付帯状況を表す連動文
躺着看书/抱着孩子去医院

の2つを加えた合計3つが、“着”が現代中国語で最も典型的に用いられる構造です。これらの形を混同しないように、それぞれしっかり教えます。

詳細な説明や根拠については、例えば以下のような文献をご参照ください。
・三宅登之2005「アスペクト助詞“着”の実際の使用状況と文法教材への応用」,平成14年度~平成16年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書『インターネット技術を活用したマルチリンガル言語運用教育システムと教育手法の研究』。
[PR]

by sanzhai | 2011-11-05 01:09 | 中国語の疑問や気づき | Comments(1)
Commented by damao36 at 2011-11-30 11:01
はじめまして。
定年後中国語を教えてみて、自分の中国語文法の未熟さに気づき、自分なりに調べたことを拙ブログ「damaoの在学中文」に書いています。疑問点など一巡したので、目下再考中です。先日貴ブログ“着”についての説明を読み、大いに啓発されました。この問題についてはすでに2回ほど考え、ちょうど再考中でもありましたので、その結果を以下にまとめてみました。ご覧いただければ光栄です。
http://damao36.exblog.jp/


<< 量词“场”的发音      Luncheon Lingui... >>