三宅登之 ― 文法を研究してますけど何か? ―

sanzhai.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 18日

“栃”と“枥”

栃木県のことを中国語で“枥木县Li4mu4xian4”と言っている中国人の方が少なくありません。ちょっと待ってください、私は文字学の専門ではありませんので、以下のこと、ちょっと自信がないのですが…。

日本語の「栃木」の最初の字は「栃」、中国語のLi4のほうは“枥”、この2つ、言うまでもなく明らかに字が違います。

(1)「栃」
字形:字の旁の中には「万」があります。
発音:日本の国字なので中国語の発音が辞書にない。
意味:とち。山地にはえるとちのき科の落葉高木。夏、紅がかった白色の花をつける。実はくりに似て、食用になる。とちのき。(学研『漢字源』電子辞書)

(2)“枥”
字形:字の旁の中にあるのは「万」ではなく「力」です。
発音:Li4
意味:ウマのかいば桶。(小学館『中日辞典』)
この字はもともと“櫪”で、意味は「かいばおけ。牛馬のえさを入れる容器。まぐさおけ。また、馬屋のゆかに並べた敷き板。」(学研『漢字源』電子辞書)

この両者は字の形も意味も全く異なる2つの字です。「栃木」の「栃」は上記(1)の意味だからこそ「栃」なわけです。栃木県は牛馬のえさを入れる容器とは関係ありません。

ですので、栃木県のことを“枥木县Li4mu4xian4”と言うのは、私は正しくないと思います。
ただし、「栃」が国字で中国語の発音がなくて、「栃木」を中国語で読めないから、字形の似た“枥”を借用している可能性はあります。

栃木県のホームページの中国語版があるのですが、一つの画面の中で“栃”と“枥”が混在しているのです。さすがにこれはまずいのではないでしょうか。

http://www.pref.tochigi.lg.jp/intro/gaikokugo/chinese/chinesetop.html
[PR]

by sanzhai | 2011-01-18 23:50 | 中国語の疑問や気づき | Comments(3)
Commented by R.H. at 2011-01-19 01:43 x
日本の「栃木」には「栃」を用い,右側の「厉(厲)」を音符と捉えて「li4」と読むべし,と結論付けた議論をネット上でですが見た記憶があります。誰の議論かはチェックしていませんでしたが…。
なお,「栃」はSimSunの中には入っているようで,日本語で入れておいてからフォントを切り替えるとSimSunのデザインで出ます。
Commented by sanzhai at 2011-01-24 00:10
情報ありがとうございます。国字の扱いは難しいですね。
栃木県中国語版ホームページで、一つのページ内で2つの字が混在しているのは、どう考えてもまずいと思うのですが…。
Commented by sanzhai at 2011-02-12 23:34
2008年に同じこと書いていました。失礼しました。(^^ゞ
http://sanzhai.exblog.jp/8485669/


<< 「新潟」を中国語で言うと      無事終了 >>